2005年08月08日

解散。どうなる?

「バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ」

議場に響き渡る場違いな掛け声。

解散するたびに繰り広げられる異様で異質な光景。
その声も心なしか小さく聞こえたのは、気のせいだろうか。

勝てるかわからない議員にとっては、やけくその万歳三唱になっただろう。

自民党は勝てるのか?
勝てないかもしれないが、どこが勝つかといえばどこも勝てないような気がする。

民主党も岡田党首がパッとせずで、ほかにどの党があるかも良くわからない。

「そうはいかんざき」の神崎代表。もっとダメだ。

福島??最悪


もちろん選挙の投票には行きますよ。
義務である前に、権利なんだから。

行かないことが、今の政治への答えだ

なんてもっともらしいことをいっているヤツがちらほらいるが、ただ行きたくないだけだよそれは。
言い訳だよ。

そういえば、最近マニュフェストって聞かない。
クールビズスタイルの政治家も見ない。(これはいいこと。ただネクタイ取っただけのだらしない姿をさらすならスーツ着ていた方がまだましだ)
posted by kiyo at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

サッカー 対 韓国戦をみて

勝てたから良いものの・・・・

いい動きをしていたのは、いわゆるボランチの二人、今野と阿部
そしてゴールキーパーの・・なんて名前だっけ?
あぁそうそう土肥ね。

この3人だけ。

玉田は、相変わらず。
田中達也の戦線離脱に付け込んでの先発だったが、何をしたいのかがわからないまま交代。

だいたいもっと早く交替させるべきだった。

で、交替して入った大黒。
こちらも全く良いところなし。特にコメントする事も無し。

本山。
トップ下でどうこうという選手ではないと思う。
ドリブルが持ち味のクセに、キレはなく
鋭いパスを出せるかといえばそうでもなく。
後半開始から小笠原を入れるべきだった。

坪井。
足遅くならなかった?

中澤。
凡ミスが多すぎる。
点を取ったからいいものの。
1年前の中澤に早く戻ってほしい。
****
試合前、最下位だったらシード権喪失と囁かれていた。
だったら、出なければいいじゃんこんな大会。
この大会に出場する意味はあるの?
それならヨーロッパに遠征したほうが良いと思う。

そろそろジーコ解任論が大きくなってきてもいいころだと思う。
posted by kiyo at 10:18| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

あれは現実に起きたことなのか

地震が起きて以降、あれは本当に起きたことなのだろうかと考える事が多くある。
それは、我が家には甚大な被害が無かったことからくるのだろう。

今もなお、玄海島の人たちは避難所にて生活を強いられているわけで、やはり地震は現実に起きたことである。

AC(公共広告機構)のCMでスマトラ沖地震のことを取り上げているCMがある。
「この現実がニュースにならなくなっても・・・」

新潟のこともそうだが、現在では全国ネットのニュースでは、新潟のこともスマトラのことも
そして福岡のことも、ニュースで取り上げられることは少なくなってきている。
というよりも皆無に等しい。

地震の次の日ぐらいに、相撲を見ていて涙が出そうになった。
大関魁皇である。

彼は、福岡県直方市出身。
彼の、家族や後援会の方も地震の被害に遭われたらしい。

「私は、相撲で被災された方に勇気を与えたい」

今まで、このようなことを何度も聞いた。正直今までは、口先だけでしょ、みたいな冷めた目で見ていた。

しかし、当事者になってみてこのようなことを自分に言われて見てはじめてその一言のありがたみというものを感じた。

特にスポーツ選手というものはそういう役割が大きいように思う。

やっぱり、人間って素晴しい。
そう、改めて思った。


p.s. 地震は一日に何回も起きている。しかも全国各地で。
それを皆さんの目で確認してもらいたくて以下のサイトを掲載する。
ぜひ見てください。
その目で、現実を。

気象庁の地震に関するHPです。
posted by kiyo at 10:21| Comment(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。