2005年03月23日

あれは現実に起きたことなのか

地震が起きて以降、あれは本当に起きたことなのだろうかと考える事が多くある。
それは、我が家には甚大な被害が無かったことからくるのだろう。

今もなお、玄海島の人たちは避難所にて生活を強いられているわけで、やはり地震は現実に起きたことである。

AC(公共広告機構)のCMでスマトラ沖地震のことを取り上げているCMがある。
「この現実がニュースにならなくなっても・・・」

新潟のこともそうだが、現在では全国ネットのニュースでは、新潟のこともスマトラのことも
そして福岡のことも、ニュースで取り上げられることは少なくなってきている。
というよりも皆無に等しい。

地震の次の日ぐらいに、相撲を見ていて涙が出そうになった。
大関魁皇である。

彼は、福岡県直方市出身。
彼の、家族や後援会の方も地震の被害に遭われたらしい。

「私は、相撲で被災された方に勇気を与えたい」

今まで、このようなことを何度も聞いた。正直今までは、口先だけでしょ、みたいな冷めた目で見ていた。

しかし、当事者になってみてこのようなことを自分に言われて見てはじめてその一言のありがたみというものを感じた。

特にスポーツ選手というものはそういう役割が大きいように思う。

やっぱり、人間って素晴しい。
そう、改めて思った。


p.s. 地震は一日に何回も起きている。しかも全国各地で。
それを皆さんの目で確認してもらいたくて以下のサイトを掲載する。
ぜひ見てください。
その目で、現実を。

気象庁の地震に関するHPです。
【関連する記事】
posted by kiyo at 10:21| Comment(0) | 地震 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。