2005年03月09日

アビエイター

昨日、話題作「アビエイター」の試写会に行ってきました。
2時間47分(49分だったかも)の長編で、この長さに耐えられるかなぁと少し心配はしていたけれど、あっという間といえば言い過ぎかもしれないけど、長いとは感じなかったです。

なぜ、ディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を取れなかったのか
なぜ、マーティン・スコセッシが、作品賞・監督賞を取れなかったのか

それを考えたわけですが、わかりません。
なぜなら、ディカプリオの作品、観るのこれが初めてです。
なぜなら、スコセッシ作品、観るのこれが初めてです。

観た印象としては、ディカプリオはなかなかいい芝居をしている感じでした。
徐々に、おかしくなっていく感じ。喜怒哀楽。眉間のしわ。凄みを感じるところもありました。
潔癖症というか細菌恐怖症で、手を洗っているところの演技には、真剣がゆえの滑稽さがでていて、いい場面だった。
ただ、もう少し歳をとってからやっても良かったような感じがしましたね。
もっといい味が出ていたんじゃないかなと思います。
といっても、これ以前を知らない私は何にも言えたもんじゃないんですけど。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」は、近々DVDを借りてみようと思います。

ハワード・ヒューズ。
恥ずかしながらこの人のことは全く知らなかったんですけれど、この人の半生を描いた作品。

巨万の富を得た父の許に生まれ、自分の夢にお金を湯水のごとく注ぎ込む。
映画を作り、飛行機を造り。

★★★★☆(★4つ)


話は変わって、外国人の役者さんの話。
特に、いわゆる西洋に人たち。

表情が豊かです。
顔だけで演技ができている感じ。特に眉毛の動き。

特に最近印象に残っているのは「エリシャ・カスバートさん」
だれ?って。
「24 TWENTY FOUR」のキンバリー・バウアー(キム)を演じていた人といえばお分かりかと。
彼女は、眉毛で演技ができる役者さんだなぁと思う。
「ガール・ネクスト・ドア」を借りてみたんですけど、その思いがより強くなりました。
キュート,セクスィー&ファニー
眉毛を上げて「何か言いたいことあるの?無いよね」言葉は無くてもそれだけで伝わってきます。
「ガール・ネクスト・ドア」は、★★★★★で。

ラブ・アクチュアリーにも出てました。
イギリス男性の訛りをからかうような感じの役。チョイ役でしたけど。

日本人で、顔で演技できる人はいるなかぁ。
思い浮かびません。
posted by kiyo at 10:00| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。