2005年01月21日

お台場ガニになっちゃうのか?

昨日の事で恐縮なのですが、
と前置きしておいて。

昨日のFNNスーパーニュースにおいて、
お台場の海で中華料理においての高級食材「上海ガニ」が繁殖しているという報道がされていた。
また同時に、イギリスでも大量に発生しているということらしい。

なぜ、これほどまでに繁殖してしまったのかというと、貨物船が大きく関わっているらしい。

貨物船は、荷物をAからBに荷物を運ぶ。
Bで荷物を降ろした貨物船は軽くなる。(これは当然の話)
すると、軽くなってバランスを取りづらくなるので重りが必要になる。
そこで、貨物船はBの海水を取り込み重りの代わりとする。

貨物船は、長い長い旅の末にAに帰ってくる。
そして、海水Bは役目を果たしたということで排出される。
もちろんAの海に。

この水の中には、もちろんたくさんの生物は生息しており、この中に上海カニの子供というかそういうのがいた事が今回の全世界的拡大に繋がったとされている。

上海ガニは、モクズガニの一種で
モクズガニは日本にも生息している。

しかし、専門家は日本のモクズガニは勝てないのではないかと考えている。
つまり生態系が崩れてしまうということである。
今回この話題を報道したのは、「生態系の崩壊の危惧」ということを知らしめる為だと私は考える。


ところが、スタジオの木村太郎氏。(私は、この人はいつも的を射ていないコメントをする人だと思っているのだが)
今回も正鵠を射ていないコメントを「木村太論」としてしていた。
「生態系の問題としてブラックバスの事がありますよね。
今回、それと大きく違うのは『高級食材』だということ。巧く養殖できるんじゃないんですか。○○県では実際に養殖して1杯1000円で取引されているんです。
だから今回も、そういう風な考えもできるんじゃないかと僕は思うんです。」
安藤「そしたら、高級食材じゃなくなってしまいませんか?」
木村「でも美味しいんですから、いいんじゃないんですか。安くなって(不敵な笑み)」

これをきいて、愕然とした。
生態系の問題なんだぞ、と。

北限のニホンザルのこととか、生態系は確実に崩れている。
保護すれば増えて人間に危害を与える。
よし、じゃあ殺してしまえ。

あまりに考え方が安易で浅はかです。

人間と自然の共存は無理なのでしょうか。
人間は自然の一部なのに・・・・

久しぶりに予想してみました。
いやー、全然当たっていませんねぇ。
かれこれ・・・・
とにかく、去年の秋競馬は一回も・・・

で、予想の練習を兼ねて、土曜日のしかも午前中の3歳未勝利戦を。

まず、京都から
1R D1200m
◎�センティーレ
○�リキアイリンカーン
馬単◎→○ 1点

2R D1800m
◎�マイネルマリク
○�ステラバスク
▲�キタサンブシドウ
△�ジェネシス
×�タマモコンチェルト
3連複◎○−流し 3点

3R D1400m
◎�サンクスアロット 
○�スズカパサー   
▲�トーセンハピネス 
△�ホワイトペッパー 
×�アドマイヤディア 
3連複◎○−流し 3点

4R 芝2000m
◎�エイシンニーザン 
○�マーブルビショップ
▲�ナリタプレリュード
△�アラタマサモンズ 
×�マコトスペリオル 
3連複◎○−流し 3点


続いて中山

1R D1200m
◎�セレナダンス   
○�コスモエイトビート
▲�マイネルカストール
△�イットーフレンチ 
3連複◎−BOX 3点

2R D1800m
◎�メジロカール   
×�マーズエクスプレス
馬単 ◎→○  ワイド◎−○  2点

3R D1200m
◎�ランフォーウィン 
○�フリーモア    
▲�ローレルシード  
×�ケイアイマウント 
3連複◎−BOX 3点 馬単◎→○  計4点


以上19点(1点100円として1900円)

1900円がいくらに増えるか楽しみ楽しみ。
posted by kiyo at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。