2005年03月20日

福岡に走った恐怖

これほどの揺れを今までに体験した事があっただろうか。

私の家は築40年近くの木造。
台風のときでさえ壊れてしまうのではないかと思うほど。
耐震なんていう言葉が生まれる前にできているので、中越地震の映像を見ながら
「こんな揺れが起きたら、耐えられんっちゃろうね、この家」
なんていう会話を交わしていた。

兎に角、それに近い揺れを我が家を襲ったわけだが、倒壊を免れてなんとか屋根のある暖かい家の中で生きています。

外壁も屋根瓦も。意外とこの家もやるじゃん。
急に頼もしく見えたりもします。

家の中も、茶碗やらお皿やらは全く割れることなく、無傷の生還です。

ただ、私の机の上の本棚から本やら雑誌やら、壁にかけてあったパズルの額やらが降ってきましたが。
机に向かってパソコンを見ていたら、窓ガラスがガタガタ。

最近、家の近くを大きなトラックが通るとそのようなガタガタいう事があって、
今回もそうだろうと思っていたら、結構長いことガタガタいって、
それど窓のほうに目をやると、家から少し離れたビルの上に止まっていたカラスが3,4羽一斉に飛び立って

その後、横にグラグラグラ・・・・

雑誌、パズルがドカドカドカ・・・・

ノートパソコンがパタンと、巧いこと閉まって。

あっ、忘れてた。育ててたサボテンが箪笥の上から落ちて割れてしまって、砂が散乱しました。

集めていたボジョレーヌーヴォのビンも倒れたりと大変でした。

今日のことは一生忘れないだろうし、忘れてはいけないと思って今こうして克明に記録しているところです。

福岡というところは、地震は起きない。

そんなことを聴かされて育ってきたので、ゆれている時は何が起きているのかが分からなかったものです。

時々まだ余震が起こっています。

用心して生きていこうと思います。
posted by kiyo at 10:00| Comment(0) | 地震 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。