2005年01月05日

対話と圧力

朝鮮民主主義人民共和国の正式回答を受けて
「経済制裁」

これが、声高に叫ばれている。

小泉は依然『対話と圧力』と聞き取りにくい小さな声でコメントをする。
もうちょっと声を張って、しっかりと応えてほしい。

菅直人と小泉の予算委員会でのやり取りを見た。
菅直人「今年はいつ靖国参拝をするのですか?」
小泉 「適切に判断します」
菅  「行くか行かないかを含めて判断されるんですか?」
小泉 「適切に判断します」





回答になってない返答。
これが日本の政治なのか?
情けなくなってくる。
若年層の政治離れが叫ばれているが、こんな薄いやり取りを見ていれば
そうなっても仕方がないのではないだろうか。
まぁその前に若者はニュースを観てないかもしれませんがね(笑)

朝鮮民主主義人民共和国からの返答。
日本側の捏造である。
「捏造」
この言葉、久しぶりに聞いた気がする。あれは確か日本に歴史に関わることだったなぁ。

話が脱線してしまったが、
その回答の前に、日本側に対して遺骨の返還を求めていたと記憶している。
それに対して日本側は返還をしていないはずである。

私はどうも疑問に思う。
どうして拉致被害者の遺骨でないのに返さないのか
考えてみてください。
もし、「昨日荼毘にふしたお骨、違う人のでした。」
と言われたとします。
知らない人のお骨が家にあると思うと嫌じゃありません?
返せといわれなくても返します。

どうなんでしょう。
posted by kiyo at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。